2021年7月6日(火)開催
CBDの歯周病に対する作用

【最新歯科医学】
CBD(カンナビジオール)の歯周病に対する作用

CBDの歯周病に対する作用

口腔衛生への新たな応用可能性―

CBDは、従来、歯科領域においては歯科治療に対する不安や痛みの軽減が期待されてきましたが、最近、歯周病治療に有効である可能性が報告されました。本セミナーでは、日本のCBD研究の第一人者である昭和大学薬学部の佐藤均教授が「CBDの口腔衛生への新たな応用可能性」について解説いたします。最新の歯科医学にご興味のある先生は、是非ともご参加ください!

CBD(カンナビジオール)とは?
てんかん・疼痛・鬱・ガン・糖尿病・認知症など多くの疾患に有用で、サプリメントとして睡眠の質の向上や精神的安定(リラクゼーション)に役立つことで知られている。

※ご質問等につきましては、ライブ配信中のみ受付ております。セミナー終了後にお問い合わせいただいてもお答えできかねますので、予めご了承ください。

会場:zoom(オンライン会議システム)
開催日時:2021年7月6日(火)13:30〜14:00
登壇者:昭和大学薬学部 基礎医療薬学講座 教授 佐藤 均先生

こんな方におすすめ

歯周病予防に関する対策をとりたい
新薬情報を知りたい
最新の歯科医学に興味がある

参加特典

CBDに関する資料プレゼント!
※セミナー後のアンケートにご回答いただいた方が対象です。

セミナー概要

日時

2021年7月6日(火)13:30〜14:00

会場 オンライン会議システムzoom

※当日はインターネット環境をご準備の上ご参加ください。

※オンラインセミナーの参加方法については、お申し込み後に詳細をお知らせいたします。

申込期限 開催日当日まで受け付けております。
参加費 無料
定員 100名
注意事項 ※セミナーの講演内容、タイトル、講師は予告なく変更される場合がございます。予めご了承ください。

※セミナープログラム及び、講師の詳細は決まり次第随時更新いたします。

登壇者

佐藤均
昭和大学薬学部 基礎医療薬学講座 
教授 佐藤 均先生

東京大学薬学部卒
・アメリカ国立衛生研究所(NIH)
・癌研究所(NCI)奨励研究員
・スイス・バーゼル研究所(Sandoz Pharma)客員研究員
東京大学医学部助教授
・昭和大学薬学部教授(臨床分子薬品学教室)
・(株)日本CBD協会 取締役
JCA特別顧問

【賞罰】
■平成8年6月:日本薬学会北陸支部研究奨励賞「生理活性ペプチドの体内動態におけるReceptor-mediated endocytosis (RME) の役割」
■平成9年5月:MHフォーラム懸賞論文入選「病棟業務を支援するパソコン・ツールの開発」
■平成10年11月:日本薬物動態学会奨励賞「ペプチド性薬物の体内動態制御機構の解明と生理学的モデル解析

レセコンでお悩みの方は お気軽にご相談ください。

お電話でのお問い合わせはこちら
10:00~16:00(土日祝除く)
デバイス
どんな些細なことでも
お気軽にお問い合わせ下さい。
クラウド型レセコンPOWER5Gの
詳しい資料がご覧いただけます。
【オンラインにも対応】
POWER5Gの魅力をデモにてご紹介!